MobileMe, iDisk, Backup

MobileMeBackupをセットで2年くらい前から使っているのですが、設定ファイルを1日1回自動でバックアップするようにしています。
MobileMeの”同期”でも設定ファイルを同期しているので、重複するものもありますが”同期”では、”ブックマーク”や”カレンダーデータ”など、11種の決められた項目しか選択できませんので、それ以外の設定ファイルのため、Backupを併用しています。

Backupでは、初回にフルバックアップ後、以降は差分のみだし、設定ファイルだけならば容量もそれほど大きくないのですが、さきほど iDiskをFinderでマウントしてBackupのフォルダの中を見ようとすると、いつまでたっても表示されません。
そこで、Safari からMobileMeにログインして、iDiskを選択してしばらくすると、そこには膨大な数の差分バックアップファイルが…
Continue reading

FON のWi-Fi 無料アクセスポイントを検索表示するFON Mapsですが、iPhone と iPod touch に対応したiPhone 版 FON Maps (URL : http://fon.ne.jp/iphone/) が公開されています。

FONがiPhone版FON Mapsを公開

FONの無線LANアクセスポイントをiPhoneで検索可能に
iPhone 版 FON Mapsは、指定した目的地周辺のFON無線LANアクセスポイント(以下、FONスポット)をかんたんに検索する事を可能とする地図ベースの Web サービスで、既に開始しているFON Maps のiPhoneバージョンとなります。
当サービスは、iPhone のみならず iPod touch にも対応しており、外出先などで無線LANへつなげたい時に、いつでもFONスポット情報を確認出来る非常に便利なサービスです。

早速確認してみると、PC版のFON Maps と同様にアクセスポイントのアイコンが表示されました。
地図はGoogle Maps を利用したもので、地図内の移動はドラッグではなく、移動したい場所をタップするとそこを中心とした表示にスライドします。
画面下に「縮小」「拡大」「住所検索」の3つのボタンがあり、「検索」では住所や駅名での検索が可能でした。
アクセスポイントのアイコンはときおり表示されなくなったり、表示されたりとまだ不安定な様です。

実際iPhoneなどでの使用場面を想定すると、まず外出先などでは今いる場所の住所や最寄りの駅名がわからないことも多いでしょうから、GPSやSkyhookのサービスを利用して現在地を検出し、その周辺のWi-Fi アクセスポイントを表示してくれる方がありがたいのではないでしょうか?
今回のFON MapsはSafariで利用できるWeb版サービスで、標準マップ(Maps)アプリとの連動などは難しいのかも知れませんが、今後の機能追加に期待したいと思います。

Cross Translation は、複数の翻訳サイトの翻訳結果を一括で表示するちょっと変わったサービスです。

web_crosstrans

現在は9つの翻訳サービスをサポートしており、翻訳結果がけっこう違ったりして面白いですが、比較してもっとも正しいと思われる翻訳結果を採用するという使い方もできると思います。
また英単語については、本文欄にキー入力していくと順次最終単語の和訳を表示し、発音もその場で確認できます。