和櫻工房より、Happy Hacking Keyboard Lite 2 のキーを純金箔でコーティングした 純金 シリーズ HHKB(TM)型「KAGAYAKI(輝)」 が、価格:28,875円で販売されています。

hhk_gold

HHKB(TM)キーボードはキーの高さもあり大きさも充分ありますので、金箔にて仕上げますと、まるでインゴットのように見えるのです。その荘厳さや重厚間は筆舌に尽くし難いものがあります。

なんともまばゆい輝きをはなっていますが、どのような方が使われるのでしょうか?

個人的には、和櫻工房さんの製品、総本革張りキーボード「KUROKAWA-PRO(黒革)無刻印」価格:36,800円 が気になります。

key_black

使用している革は、サドルレザーと呼ばれる、かつて馬具の鞍(くら)に使われていた高級レザーです。

鞍に例えられるHHKに、このサドルレザー張りがふさわしいのではないかなと思います。

ts_ibook_ptkPower Labにて2002.02.01より、”Power Typing Keyboard”のiBook(クラムシェル)用が販売開始されていました。
(ブルーベリー・タンジェリン・グラファイト・キーライム・インディゴ用)

仕様はPowerBook G3用として既に販売されているものと同じで、カラーは「ホワイト」と「クリアスケルトン」。
定価14,800円。

しかし「P.T.K.使用レポート」ページは更新しないのだろうか?
(Page Title、”金型”のままだし…)