›› English Processing Guide is here.

iPad のスタンドを自作してみる – Macintosh iPad Stand を公開してから約1ヶ月、当初はこれほど反響があるとは思っていませんでした。
ブログやニュースサイトでご紹介いただいた皆さん、コメントをくださった皆さん、本当にありがとうございます。
この Macintosh iPad Stand に対し、私が考えてもいなかったようないろんな見方があるのだなと感動しました。
「これぞ純正」「古いものと新しいものの融合」「リデュース、リユース、リサイクル」「感涙」「意味も無くマウスも使いたい」「なんかかわいいっ!w」などなど。
作り方を知りたいというコメントも頂きましたので、簡単にご紹介しておこうと思います。

ただ、実際に作られる際にはあまり使い勝手などに期待しないでくださいね。
製品にできるようなレベルの物ではなく、主にデジタルフォトフレームとして写真を見たい(見せたい)時に使えたら良いなというところから始めたので、iPad の多彩なアプリケーション全てに対応できるわけではありませんので。
「愉しみ」としてお楽しみください。

まずは、切り取り部分の寸法を記載した説明書(PDF)です。
作り方のリクエストくださった方が日本語がわからないとの事だったので、Google先生に手伝ってもらって英語での説明にしてますが、図面だけでもわかると思います。

How To Make Macintosh iPad Stand (PDF 127kb)

以下は加工後となりますが、切り取り部分がわかるような画像です。
Continue reading

iPad は iPhone に比べ、画面が大きいためデジタルフォトフレームにも適したデバイスです。
デジタルフォトフレームとして使う場合には、iPad を立てておけるスタンドがあると便利。
そこで、Apple の純正スタンドも良いのですが、せっかくなので自作することにしました。

まずは情報収集が必要ですね。
古いMacを起動してちょっと調べてみる事にしましょう。

「起動画面がおかしくない?」
「この頃のMacはコードレスでしたっけ?」

「この形の Mac にカラーモニターはないだろ?」

うーん、ボケが今ひとつでした。
見たままでありますが、 Macintosh Classic を iPad のスタンドに加工してみました。
デジタルフォトフレームのためのスタンドとして使える事が一番の目的なので、まずは iPad の “写真”アプリにて、スライドショーを実行した動画から。
(動画をテスト版から、正式版に変更しました。カメラを変えたから画質も良くなったと思います。)
Continue reading

以前ブログの記事にした *cordctrl を日本で扱っておられるアマテラスさんより、ちょっとお知らせをいただきました。

以前の *cordctrl の記事はこちら
“コードコントロール” イヤフォンコードの絡みを解消するグッズ

Swedenにある、*cordctrl の 公式サイトの情報がいろいろと更新されているようです。
Continue reading