iPad は iPhone に比べ、画面が大きいためデジタルフォトフレームにも適したデバイスです。
デジタルフォトフレームとして使う場合には、iPad を立てておけるスタンドがあると便利。
そこで、Apple の純正スタンドも良いのですが、せっかくなので自作することにしました。

まずは情報収集が必要ですね。
古いMacを起動してちょっと調べてみる事にしましょう。

「起動画面がおかしくない?」
「この頃のMacはコードレスでしたっけ?」

「この形の Mac にカラーモニターはないだろ?」

うーん、ボケが今ひとつでした。
見たままでありますが、 Macintosh Classic を iPad のスタンドに加工してみました。
デジタルフォトフレームのためのスタンドとして使える事が一番の目的なので、まずは iPad の “写真”アプリにて、スライドショーを実行した動画から。
(動画をテスト版から、正式版に変更しました。カメラを変えたから画質も良くなったと思います。)
Continue reading

和櫻工房より、Happy Hacking Keyboard Lite 2 のキーを純金箔でコーティングした 純金 シリーズ HHKB(TM)型「KAGAYAKI(輝)」 が、価格:28,875円で販売されています。

hhk_gold

HHKB(TM)キーボードはキーの高さもあり大きさも充分ありますので、金箔にて仕上げますと、まるでインゴットのように見えるのです。その荘厳さや重厚間は筆舌に尽くし難いものがあります。

なんともまばゆい輝きをはなっていますが、どのような方が使われるのでしょうか?

個人的には、和櫻工房さんの製品、総本革張りキーボード「KUROKAWA-PRO(黒革)無刻印」価格:36,800円 が気になります。

key_black

使用している革は、サドルレザーと呼ばれる、かつて馬具の鞍(くら)に使われていた高級レザーです。

鞍に例えられるHHKに、このサドルレザー張りがふさわしいのではないかなと思います。

PCやMacにデジカメや携帯電話など周辺機器を接続すると、アイコンが表示されるのは良いのだけど、自分の使っている機種ではなかったり、色が違っていたりするのはささいな事とは言え残念。
ちょっとひと手間かけて、自分の使っている機種やカラーリングに変更すると、少しだけうれしかったりします。

iphoto_icon

さて今回は、Mac OS Xの画像管理ソフト、iPhotoの「画像読み込み時に表示されるカメラアイコン」を自分の使っているデジカメに変更して見たいと思います。
(もちろん、自己責任でよろしくね)

Continue reading