Mac OSX 外部ディスクに置いたホームディレクトリが見えなくなった時の修復手順(覚え書き)

外部ディスクに置いたホームディレクトリが見えなくなった

現在使っているMac mini (OS X Lion)は内蔵HDDの容量がそれほど大きくなく(120GB)、速度も今ひとつなのでホームディレクトリは外部HDD(500GB x 2でミラーリング)に置いています。

つまり、OS Xのシステムは Mac mini内のハードディスクにあり、自分の作ったファイルや、ファイルサイズが大きい音楽や写真のデータは外部の容量が大きいハードディスクに置いているという状態です。(今時、500GB程度では大きいとも言えないでしょうか…)
※Mac miniの /Users/ にはメンテナンス用のユーザーは作成してあります。
※さらにシステムディスクと外部ディスクのバックアップとしてTimeMachine用HDD(750GB)をプラスした構成にしています。

OS Xのホームディレクトリをシステムのあるパーテーションから移動させる方法は、こちらのretlet.netさんの情報など参考にさせていただきました。
(Leopard での情報ですが、Lionでも同様にシンボリックリンクを作る方法で可能でした)

retlet.net
HDD交換してホームディレクトリを別パーティションに移動

ホームディレクトリが見えなくなってしまった!

最近では、ちょっとした調べものやメール確認ならiPhoneやiPadで充分できるようになったので、わざわざMacを起動することも少なくなりました。
久しぶりに(5〜6日ぶりかな?)にMacの電源を入れ、いつものユーザーアカウントでログインすると自分で設定していたデスクトップピクチャ(壁紙)と違うので「あれ?」と思っていると「ホームディレクトリのあるディスクが見つからない」ほか、ログイン時に起動する各種サービスからも同様に次々とエラーメッセージが表示されます。(冷や汗)


とりあえずFinderでウインドウを表示してみると、本来ホームディレクトリがあるはずの外部HDDのアイコンは表示され、ホームディレクトリのフォルダもあったので(ホッとして)、開いてみるとそこは… これまでに作ったファイルなどが一切消えて、なんともあっさりした「ようこそ状態」になっているではないですか…
まさに新規ユーザーを登録した直後の状態です。 (再度、冷や汗)

せっかくデータ保存用ディスクとしてRAID 1(ミラーリング)にしていたのに…
まあ「こんなこともあろうかと」TimeMachineでもバックアップしておいて良かったと思いつつ、一応Terminal.appで /Volumes を確認してみると、外部ディスクと思われるものが2つ見えていました。
実際には”LACIE500″と”LACIE500 1″で、1つは本来の名称の後ろに”1″が付いていました。
それぞれの中を見てみると、今Finderで見えているまっさらの「ようこそ」ディレクトリは”LACIE500″の方で、”LACIE500 1″にはちゃんと以前のファイルが残っていることが分かりました。
また、ディスクの検査では、ハードウェアの障害は起きていないようです。(今回のは予兆かもしれないけど)
原因は分かりませんが、ホームディレクトリが存在する外部ディスクが正しくマウントできずに、同じ名称で新しくマウントポイントが作られ、本来のホームディレクトリが見えない状況になっているようです。

修復手順

幸いTimeMachineでのバックアップもあり、最悪修復に失敗してもバックアップから復元できるという保険もあったので、マウントポイントの名称を変える事で修復できないか試してみることにしました。
※私の環境で起きたこの問題は以下の手順で修復することができましたが、同じように見える他の状況にも適用できるかはわかりません。
また、発生原因が分かっていないので、また同じ問題が起きた時のための覚え書きです。

(1) メンテナンス用のアカウントでログイン。
 (もちろんメンテナンス用アカウントのホームディレクトリは外部ディスクではなく、Mac miniの内蔵ディスク内にあります)
(2) Terminal.app で、新しく作られてしまった方のマウントポイントのディレクトリ”LACIE500″を別の名称に変更
 (作業完了まで一旦置いておく)
$ sudo mv LACIE500 LACIE500_backup
Password:

(3) もともとのホームディレクトリがある方のマウントポイントのディレクトリ”LACIE500 1″を元の名称”LACIE500″に戻す。
$ sudo mv LACIE500\ 1 LACIE500
Password:

(4) 再起動し、いつものアカウントでログインしてホームディレクトリがマウントされている事を確認。
(5) 問題なければ不要な方のマウントポイントのディレクトリを削除。

タグ: , ,

コメントをどうぞ