iPad の発売当初から話題になっていた KORGのアナログ・ビートボックス「ELECTRIBE-R」のiPad版アプリ “iELECTRIBE” 。
買う機会をずっと逃していましたが、ようやく購入して試してみる事にしました。

購入前にこのアプリでどのような事ができるのか知りたければ、まずはYouTubeや、Vimeoの動画などを参考にどうぞ。
YouTube – iElectrib
Search videos for ‘iELECTRIBE’ on Vimeo

このアプリの元となっている”ELECTRIBE SX SD”での演奏も凄いですよ。
Night Rain (ELECTRIBE SX SD)

続きはこちらから…

起動すると、このような画面となっています。
さて、実際の操作方法はというと、未経験者にはとっかかりがつかみにくそうです。
私もずーーーーと昔に、CASIO CZ-5000 で遊んでいた記憶がかすかにあるような気がしますが…
なにしろそれ以降はまともにこう言ったツールには触れていません。

まずは”BROWSER”ボタンか、液晶画面にタッチして出てくるプリセットのパターンをざっと聞きながら、各パートのパターンを見ているとどのように作られているのかなんとなく分かったような気になります。
早すぎて分からないようなら “TEMPO”ボタンを押して、液晶画面右のダイヤルでテンポを落として聞くと良いかもしれません。

公式ドキュメントとして “クイックスタート” (日本語) があり、一通りの使い方を学ぶ事ができます。
この上の階層には”iELECTRIBE ヘルプ“となっていて、ヘルプのボリュームは結構ありますね。
とりあえずすぐにでも使いたいと言う方は「KORG iELECTRIBE for iPad : クイック・スタート」を見ると、最低限の基本操作が分かりますよ。

Denkitribeさんのパターンセットを使った演奏などもとても参考になりそうです。
ヘルプではこのあたりに書いてあります。
10. パターン・セットを使って演奏する
(私はこんなに鮮やかにできないです…)
KORG iELECTRIBE for iPad: Performing with a Pattern Set

作ったパターンや、リアルタイム演奏をWAVEファイルとして出力することができるので、PCやMacの他のツールに読み込んで素材として利用する事もできますね。

本来の機能とは直接関係ありませんが、背景イメージを変えることができるというちょっとしたカスタムのお愉しみもあります。

ELECTRIBEの実機は一度生産中止になりかけましたが、人気の再燃で生産が継続されることになったそうですね。
実機の価格は5〜6万円ですが、iPadをすでに持っているなら2,300円でこのELECTRIBEが楽しめるとはありがたいことです。


KORG iELECTRIBE

価格2,300円

6 thoughts on “試してみたい iPad アプリ “KORG iELECTRIBE”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA