和櫻工房より、Happy Hacking Keyboard Lite 2 のキーを純金箔でコーティングした 純金 シリーズ HHKB(TM)型「KAGAYAKI(輝)」 が、価格:28,875円で販売されています。

hhk_gold

HHKB(TM)キーボードはキーの高さもあり大きさも充分ありますので、金箔にて仕上げますと、まるでインゴットのように見えるのです。その荘厳さや重厚間は筆舌に尽くし難いものがあります。

なんともまばゆい輝きをはなっていますが、どのような方が使われるのでしょうか?

個人的には、和櫻工房さんの製品、総本革張りキーボード「KUROKAWA-PRO(黒革)無刻印」価格:36,800円 が気になります。

key_black

使用している革は、サドルレザーと呼ばれる、かつて馬具の鞍(くら)に使われていた高級レザーです。

鞍に例えられるHHKに、このサドルレザー張りがふさわしいのではないかなと思います。

One thought on “金箔キーの Happy Hacking Keyboard 発売

  1. […] 2008-09-27 – 金箔キーの Happy Hacking Keyboard 発売 saved by strawberrabellgirl2008-09-27 – キーボードの善し悪しは同時押しにも現れるらしい saved by maravillage2008-09-26 – こだわりのキーボード【Happy Hacking K […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA